事故による後遺症

いわゆる後遺症を負ってしまう原因として多いのが、やはり『事故』です。これには、家の中で起こる事故、運転中に起こる事故、仕事中に起こる事故、があります。まず挙げられるのが、自宅での事故です。これには、階段から落下したとか、物の扱い方を間違った、等の理由が挙げられます。例えば、部屋、階段、風呂で転んで頭を強く打ってしまった場合、それが原因となって後遺症を負ってしまう場合があります。

頭部は、私達の論理的思考や記憶、動作など、全ての行動を司っている期間です。そのどこかに損傷を負ってしまうことによって、その部位が司っていた行動が、全く行えなくなる、または十分に行えなくなる、ということがあり得ます。記憶に障害が出たり、言語障害が出たりすることもあります。また、それだけでなく、歩行や日常の簡単な動作にも、問題をきたすことがあります。

自宅の事故だけでなく、これは、交通事故による後遺症も同様です。ただし、もし何も無いと思って病院に行かなかった場合、いわゆる後遺症の症状と思えるような症状が、後日になって見られることがあります。このような危険性もあるので、交通事故後はすぐに病院で診察を受けることが薦められています。