後遺症の証明

国から援助を受けるためには、自分が後遺症であるということを認められなければなりません。自分が単に後遺症を持っていると主張するだけでは、第三者から認められないのです。その場合、医師の診察が必要となります。それによって、どのくらい重い後遺症を負っているかによって等級が決まり、認定されることとなります。交通事故による後遺症の障害認定は賠償金にもかかわってくるため、医師だけでなく弁護士も含めて慎重に進めていくことをおすすめいたします。

後遺症は、最初に診察してもらった時とは、症状が重くなることがあります。いわゆる、重症化です。その場合も、認められます。ただし、期間が決められていますのでその期間内に行わなければなりません。また、現状がどうなのか、というチェックもあります。基本的に、後遺症というのは、そこから回復することが難しいと思われているような状態です。どこかに擦り傷を負った、切り傷を負った、というようなものとは違うのです。

後遺症には、体の全ての部位に見られることがあります。その部位を損傷したかどうかにも関わらず、他の部位に連携して症状が見られることもあります。そうなった場合、今後も仕事を続けて行けるかどうか、そもそも介護が必要な状態になっているか、という判断も行います。